業者が中古車を仕入れる時に、直で買取、オークショ

業者が中古車を仕入れる時に、直で買取、オークション、販社とあると思うのですが、販社のメリット、デメリットを教えてください。

メリットは仕入れ先のお店でネットなどに情報掲載してる場合、お客様が情報を確認できるので商品に対する納得がとりやすいこと デメリットは仕入れ先のお店が売らない場合があったり、仕入れ価格が高くて利益がなかったりすること

車両購入時、前金・手付け金、呼び方はともかく事前にいくらかお金を払う場合がありますが、あれの判断基準って何なんでしょうか? もちそんそうするかどうかはディーラーの裁量次第でしょうが、その一般的な基準について、車両価格が行くら以上だったらとか、納車まで何ヶ月以上とか、受注生産だとか、概ねこういう状況だったらという相場というか暗黙了解的なモノはあるのでしょうか? 私は過去新車で5台購入経験あるのですが、あったり無かったりするのでご存知の方教えてください。

あくまで民事間の契約なので、法的な定めがあるようで、無い。 組合が基準を設けているが、それに従う義務も無い。 でも、消費者はそういうのを盾に屁理屈こね回すこともある。 例えば、契約のタイミング。 注文書発行して、今更変更できないってタイミングに、平気でキャンセルしてくる。 注文書への署名捺印は、正式な契約では無いから、自由に破棄できる。 ディーラーにとっては大損害になるので1円でも良いからお金を払わせる。 1円でも支払えば、契約として成立するためキャンセルできなくなる。 なので、注文書に署名捺印してもらう段階で、1円でもいいから支払い。 理想は、迷惑料に相当する3万~5万=キャンセル料。 登録の段階で、諸経費。ここでキャンセルされては損害でかいので、諸経費は回収しときたい。 ��

�渡し前日までに全額。今更キャンセルは無いが、不払いも困る。 で、ごく一般的な普通の人は、土壇場でキャンセルごねることもありません。 商談の最中に見定めて、お金の話をします。